【わかりやすく】無料定額宿泊所とは何かについて解説

社会福祉士・合格問題編
皆さん、こんにちは!いっちー教授(@free_fukushi)です。

今日も社会福祉士国家試験の合格に向けて一緒に勉強していきましょう!今回のテーマは、「【わかりやすく】無料定額宿泊所とは何かについて解説」です。では、授業を始めていきましょう。

いっちー教授
いっちー教授

 

*今回の記事の構成として、初めに無料定額宿泊所に関する基本問題を出題します。その後、問題の解答解説を行い、理解が深められる構成になっています。

 

問)次の記述のうち、正しいものを2つ選びなさい。

1.無料低額宿泊所は、第二種社会福祉事業である。

2.無料低額宿泊所を運営することができるのは、社会福祉法人及びNPO法人に限定されている。

3.無料低額宿泊所事業開始にあたっては、都道府県知事の許可を受けなければならない。

4.無料低額宿泊所では、食事を提供することができる。

5.無料低額宿泊所では、生活保護法の住宅扶助を利用することができない。

 

答え)1.無料低額宿泊所は、第二種社会福祉事業である。

答え)4.無料低額宿泊所では、食事を提供することができる。

今回は、無料低額宿泊所について学習していきましょう。
いっちー教授
いっちー教授
にゃー吉
にゃー吉
無料低額宿泊所って聞いたことはあるけど、イマイチわからないんだよね。



1限目:無料低額宿泊所=第二種社会福祉事業

まず選択肢の「1」に注目してください。

1.無料低額宿泊所は、第二種社会福祉事業である。

この選択肢は、正解です

無料低額宿泊所は、社会福祉法第2条第3項第8号に規定されている「第二種社会福祉事業」です。

 

にゃー吉
にゃー吉
そもそも、第二種社会福祉事業ってなんだっけ?
第二種社会福祉事業は、特に運営主体に制限がなく、主に通所施設系が該当します。詳しくは、「【簡単に解説】第一種社会福祉事業、第二種社会福祉事業とは?」を参考にしてください。
いっちー教授
いっちー教授
【簡単に解説】第一種社会福祉事業、第二種社会福祉事業とは?
今回のテーマでは、社会福祉事業とは何かについて簡単に解説しています。また社会福祉事業には、第一種社会福祉事業、第二種社会福祉事業の2つがあります。したがって、それぞれどのような違いあるのかを解説し、経営主体の特徴についてわかりやすく説明しています。

 

2限目:第二種社会福祉事業の運営主体

次に、無料低額宿泊所の運営主体について学習していきましょう。

選択肢の「2」に注目してください。

2.無料低額宿泊所を運営することができるのは、社会福祉法人及びNPO法人に限定されている。

この選択肢は、不正解です

先ほども確認したように、無料低額宿泊所は第二種社会福祉事業に該当します。また第ニ種社会福祉事業は、運営主体に特に制限はなく届け出をすれば事業を運営することができます。

 

にゃー吉
にゃー吉
なるほど。つまり、「社会福祉法人及びNPO法人に限定されている。」という部分が誤りなんだね!
おっしゃるとおりです!
いっちー教授
いっちー教授

 

3限目:無料低額宿泊所は届け出をする

次に、選択肢の「3」に注目してください。

3.無料低額宿泊所事業開始にあたっては、都道府県知事の許可を受けなければならない。

この選択肢は、不正解です

無料低額宿泊所は第2種社会福祉事業であるため、国及び都道府県以外のものは事業を開始した時は、授業開始の日から1月以内に事業経営地の都道府県知事に届け出をしなければならないとされています。

したがって、選択肢の「都道府県知事の許可→都道府県知事に届け出る」に直せば正解です。

 

にゃー吉
にゃー吉
そっか!第二種社会福祉事業は、届け出をすれば事業を開始することができるのか!
おっしゃるとおりです。
一方で、第一種社会福祉事業は許可制になりますので注意が必要です。
いっちー教授
いっちー教授



4限目:無料低額宿泊所の機能

次に、無料低額宿泊所の機能について学習していきましょう。

選択肢の「4」に注目してください。

4.無料低額宿泊所では、食事を提供することができる。

この選択肢は、正解です

無料低額宿泊事業は、宿泊の場所の提供だけでなく、「食事の提供」や「入居者への相談対応」、「就労支援指導」などの生活支援サービスを提供することもできます。

 

にゃー吉
にゃー吉
つまり、無料低額宿泊所が持っている機能は大きいということだね!
そうですね!無料低額宿泊所の機能をすべて覚える必要はありませんが、こういった支援も行っているのでしっかり押さえておきましょう。
いっちー教授
いっちー教授

 

5限目:無料低額宿泊所=生活扶助+住宅扶助

最後に、選択肢の「5」に注目してください。

5.無料低額宿泊所では、生活保護法の住宅扶助を利用することができない。

この選択肢は、不正解です

無料低額宿泊所では、「生活扶助」と「住宅扶助」の両方を利用することができる。

 

「無料低額宿泊所で受けられる扶助は?」と聞かれたら、すぐにこの2つが出てくるようにしておいてください。
いっちー教授
いっちー教授
にゃー吉
にゃー吉
無料低額宿泊所生活扶助住宅扶助」だね!

 

まとめ

最後に今回のテーマである「【わかりやすく】無料定額宿泊所とは何かについて解説」のおさらいをしておきましょう。

1.無料低額宿泊所は、第二種社会福祉事業である。

2.無料低額宿泊所は運営主体に特に制限はなく、届け出をすれば事業を運営することができる。

3.無料低額宿泊所事業開始にあたっては、都道府県知事に届け出る必要がある。

4.無料低額宿泊所では、食事を提供することができる。

5.無料低額宿泊所では、「生活扶助」と「住宅扶助」の両方を利用することができる。

 

社会福祉士国家試験では、無料定額宿泊所に関する問題が出題されることがあります。なので早い段階でこれらの報告の内容については押さえておきましょう。
いっちー教授
いっちー教授

 

福祉イノベーションズ大学では、社会福祉士国家試験の合格に向けて試験に出る箇所を中心に、情報発信をしています。

参考書や問題集を解いただけではわからない…。」という方は、今後も参考にしてください!

今回の授業は、以上です!



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました