【わかりやすく】更生保護施設とは・更生保護施設の収容期間について

社会福祉士・合格問題編
皆さん、こんにちは!いっちー教授(@free_fukushi)です。

今日も社会福祉士国家試験の合格に向けて一緒に勉強していきましょう!今回のテーマは、「【わかりやすく】更生保護施設とは・更生保護施設の収容期間について」です。では、授業を始めていきましょう。

いっちー教授
いっちー教授

 

*今回の記事の構成として、初めに更生保護施設に関する基本問題を出題します。その後、問題の解答解説を行い、理解が深められる構成になっています。

 

問)次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1.更生保護施設は、被保護者に対して社会復帰のための処遇を実施する。

2.更生保護施設は、更生緊急保護の対象者に限って収容保護を行う。

3.更生保護の運営は、社会福祉法人に限定されている。

4.更生保護は、地方公共団体が運営しなければならない。

5.更生保護の収容期間は、3か月を超えてはならない。

 

答え)1.更生保護施設は、被保護者に対して社会復帰のための処遇を実施する。

にゃー吉
にゃー吉
更生保護施設って、どんな施設何だろう?
では今回は、更生保護施設についてわかりやすく解説していきます。
いっちー教授
いっちー教授



1限目:更生保護施設の目的

まず、更生保護施設の目的についてわかりやすく解説していきます。

選択肢の「1」に注目してください。

 

1.更生保護施設は、被保護者に対して社会復帰のための処遇を実施する。

 

この選択肢は、正解です

更生保護で行われる更生保護事業の目的には、「犯罪をした者及び非行のある少年が善良な社会の一員として改善更生することを助け・・・(以下省略)」とあります。

 

にゃー吉
にゃー吉
そもそも、更生保護施設ってなに?
更生保護施設は、刑務所や少年院を出た人、執行猶予中の人などのうち、社会生活がうまく営めず、かつ家族や公的機関などからの援助を受けられない人を、一定期間保護する民間施設のことを指します。
いっちー教授
いっちー教授
にゃー吉
にゃー吉
たしか、更生保護は社会内処遇を主に行うんだよね。
だけど、更生保護施設はその中でも施設での支援を行うんだね。
そうですね。すぐに社会内処遇を行える人であれば問題ありませんが、家庭環境などが原因で社会内処遇をすぐに行えない人達もいるんです。
いっちー教授
いっちー教授
にゃー吉
にゃー吉
なるほど。
そういった人に対して、更生保護施設は機能しているんだね!
また、そもそも更生保護とは何か?を知りたい方は、「【一から学ぼう】更生保護制度についてわかりやすく解説」を参考にしてください。
いっちー教授
いっちー教授
【一から学ぼう】更生保護制度についてわかりやすく解説
*今回の記事の構成として、初めに更生保護制度に関する基本問題を出題します。その後、問題の解答解説を行い、理解が深められる構成になっています。 問)次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。 1.更生保護制度...

2限目:更生保護施設の利用対象者

次に、更生保護施設の利用対象者について確認していきましょう。

選択肢の「2」に注目してください。

 

2.更生保護施設は、更生緊急保護の対象者に限って収容保護を行う。

 

この選択肢は、不正解です

選択肢のように、更生保護施設の利用対象者を更生緊急保護の対象者のみに限定していません。

また更生保護施設の利用対象者として、次のような人達が挙げられます。

更生保護施設の利用対象者

①保護観察に付されている者

②労役場からの出場者

③少年院から仮退院を許された者など

 

にゃー吉
にゃー吉
更生保護施設は、幅広く受け入れをしているんだね。
社会福祉士国家試験では、これら利用対象者に関する問題が出題されます。
なので、更生保護施設の利用対象者をすぐに答えられるようにしておいてください。
いっちー教授
いっちー教授

 

3限目:更生保護施設の運営主体

次に、更生保護施設の運営主体について確認していきましょう。

選択肢の「3」「4」に注目してください。

 

3.更生保護の運営は、社会福祉法人に限定されている。

4.更生保護は、地方公共団体が運営しなければならない。

 

この選択肢は、どちらも不正解です

更生保護施設の運営主体は、以前は更生保護法人のみが運営していました。しかし、2009年から社会福祉法人、その後、NPO法人や一般社団法人などが認可を得て、運営できるようになりました。

 

にゃー吉
にゃー吉
つまり今は、更生保護施設の運営主体は、更生保護法人社会福祉法人NPO法人一般社団法人なんだね!
おっしゃるとおりです。
更生保護施設の運営主体についても、しっかり押さえておきたいところです。
いっちー教授
いっちー教授



4限目:更生保護施設の収容期間は6ヶ月間

最後に、更生保護施設の収容期間について確認しておきましょう。

選択肢の「5」に注目してください。

 

5.更生保護の収容期間は、3か月を超えてはならない。

 

この選択肢は、不正解です

まず更生保護施設の収容期間については、2パターンに分けて考える必要があります。

一つが保護観察所の長が更生保護施設に委託する場合、もう一つが更生緊急保護として利用する場合です。

保護観察所の長が更生保護施設に保護を委託できる期間は、保護観察対象者の場合は保護観察に付されている期間内と定められています。ですが、更生緊急保護として利用する場合は、原則として6ヵ月を超えない範囲内とされています。

 

にゃー吉
にゃー吉
つまり、どちらの場合であっても3ヶ月間と限定してはいないんだね。
おっしゃるとおりです。特に、更生緊急保護として利用する場合は、原則として6ヶ月を超えない範囲であるということはしっかり押さえておきましょう。
いっちー教授
いっちー教授

 

まとめ

最後に今回のテーマである「【わかりやすく】更生保護施設とは・更生保護施設の収容期間について」のおさらいをしておきましょう。

1.更生保護施設は、犯罪をした者及び非行のある少年が善良な社会の一員として改善更生することを助ける。

2.更生保護施設は、保護観察に付されている者、労役場からの出場者、少年院から仮退院を許された者などを対象者として収容保護を行う。

3.更生保護の運営は、社会福祉法人も運営することができる。

4.更生保護は、更生保護法人、社会福祉法人、NPO法人、一般社団法人が運営することができる。

5.更生保護の収容期間は更生緊急保護として利用する場合、原則として6ヵ月を超えない範囲内とする。

 

にゃー吉
にゃー吉
更生保護施設についてしっかり学習することができました!
社会福祉士国家試験では、更生保護施設に関する問題はよく出題されます。
なので今回のテーマを参考に学習を進めてみてください!
いっちー教授
いっちー教授

 

福祉イノベーションズ大学では、社会福祉士国家試験の合格に向けて試験に出る箇所を中心に、情報発信をしています。

参考書や問題集を解いただけではわからない…。」という方は、今後も参考にしてください!

今回の授業は、以上です!



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました