【わかりやすく解説】国民皆保険制度・後期高齢者医療制度とは?

社会福祉士・合格問題編
皆さん、こんにちは!いっちー教授(@free_fukushi)です。

今日も社会福祉士国家試験の合格に向けて一緒に勉強していきましょう!今回のテーマは、「【わかりやすく解説】国民皆保険制度・後期高齢者医療制度とは?」です。では、授業を始めていきましょう。

いっちー教授
いっちー教授

 

*今回の記事の構成として、初めに日本の医療制度についての基本問題を出題します。その後、問題の解答解説を行い、理解が深められる構成になっています。

 

問)次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1.健康保険法(1922年)により、農業従事者や自営業者が適用対象となった。

2.老人福祉法(1963年)により、国民皆保険が実現した。

3.老人保健法(1982年)により、高額療養費制度が創設された。

4.介護保険法(1997年)により、老人保健施設が創設された。

5.健康保険法等の改正(2006年)による高齢者医療確保による75歳以上の高齢者が、別立ての制度に加入する後期高齢者医療制度が創設された。

 

答え)5.健康保険法等の改正(2006年)による高齢者医療確保による75歳以上の高齢者が別立ての制度に加入する後期高齢者医療制度が創設された。

にゃー吉
にゃー吉
日本の医療制度って、複雑でよく分からないんだよね。。。
たしかに複雑ですよね。しかし日本の国民皆保険制度の仕組みは、世界の中でトップクラスに素晴らしいものです。なので、今回のテーマでしっかり押さえておきましょう。
いっちー教授
いっちー教授



1限目:健康保険の対象者:適用事業所に勤める被用者とその扶養家族

まず初めに「健康保険の対象者」について簡単に確認しておきましょう。

選択肢の「1」に注目してください。

 

1.健康保険法(1922年)により、農業従事者や自営業者が適用対象となった。

 

この選択肢は、不正解です

そもそも、健康保険とは何なのでしょか。

 

健康保険とは

サラリーマンなど、民間企業等に勤めている人とその家族が加入する医療保険制度を指します。

 

また、今回の選択肢にある健康保険の適用対象者についても知っておきましょう。

健康保険法は1922年の創設から現在に至るまで、その対象者を「適用事業所に勤める被用者その扶養家族」に限定しています。そのため、農業従事者や自営業者は適用対象とはなっていません

 

にゃー吉
にゃー吉
適用事業所ってなに?
適用事業所は、厚生年金の適用対象となる事業所のことを言います。すべての法人事業所は事業主や従業員の意思に関係なく、強制的に厚生年金に加入しなければなりません。
いっちー教授
いっちー教授
にゃー吉
にゃー吉
適用事業所=厚生年金に強制加入する」って覚えればいいんだね!
でも、農業従事者や自営業者は医療保険についてどうすればいいの?
農業従事者や自営業者は国民健康保険に加入することになります。国民健康保険と健康保険は名前が似ていますが、全くの別物なので区別して考えるようにしましょう。
いっちー教授
いっちー教授
国民健康保険と健康保険の対象者の違い

国民健康保険の対象者→個人事業主、農業・漁業従事者、パート、アルバイトなど

健康保険の対象者→公務員、会社員とその扶養家族

 

2限目:国民皆保険が実現したのは国民健康保険法(1958年)

次に、国民皆保険制度についてわかりやすく解説していきます。

選択肢の「2」に注目してください。

 

2.老人福祉法(1963年)により、国民皆保険が実現した。

 

この選択肢は、不正解です

ここで余談ですが、「国民皆保険」の読み方は、「こくみんかいほけん」と読みます。

*私が大学時代の時に、初めてこの単語を読んだ時、「何て読むんだ?(笑)」と思ったので念のためご紹介しておきます(笑)

 

また国民皆保険が実現したのは老人福祉法(1963年)ではなく、国民健康保険法(1958年)です。そして、1961年に全国の市町村で国民健康保険事業が始まり、農業従事者や自営業者などが適用対象となりました。

これにより、すべての国民が何らかの公的医療保険制度に加入する国民皆保険体制が整いました。

 

にゃー吉
にゃー吉
国民皆保険とは全ての国民が何らかの公的医療保険制度に加入することを言うんだ!
そうですね。この仕組みが整うまでは、保険の適用対象になっていなかった人は窓口で全額負担になっていました。
いっちー教授
いっちー教授
にゃー吉
にゃー吉
つまり、今なら6000円(3割負担)で受けられる医療が20000円も支払わないと医療が受けられなかったってこと?
そうなんです。なかなか大きい金額ですよね。
そのため、それまで日本では「医療は金持ちのもの」と考えられていたんです。
いっちー教授
いっちー教授
にゃー吉
にゃー吉
たしかに、おばあちゃんが「貧乏人は風邪を引いてはいけない」ってよく言ってた。

 

3限目:高額療養費制度が創設されたのは1973年

次に、高額療養費制度がいつから始まったのか?について解説していきます。

選択肢の「3」に注目してください。

 

3.老人保健法(1982年)により、高額療養費制度が創設された。

 

この選択肢は、不正解です

高額療養費制度が創設されたのは、老人保健法1982年ではなく、1973年のことです。

皆さん、「1973年」という年には敏感になってください。この年は「福祉元年」と呼ばれ、福祉に関する様々な施策が始まっています。

 

にゃー吉
にゃー吉
たしか、老人医療費の無償化もこの年の施策だよね!
そうですね。福祉元年(1973)年には、高額療養費制度老人医療費の無償化が起こった年であるとセットで覚えてしまいましょう。
いっちー教授
いっちー教授



4限目:老人保健施設が創設されたのは老人保健法(1982年)

次に、老人保健施設が創設されたのが、いつからなのかについて確認しておきましょう。

選択肢の「4」に注目してください。

 

4.介護保険法(1997年)により、老人保健施設が創設された。

 

この選択肢は、不正解です

老人保健施設が創設されたのは、老人保健法(1982年)です。

そして、介護保険法がスタートした2000年から介護保険施設の一つである介護老人保健施設になりました。

 

にゃー吉
にゃー吉
ところでさ、何で老人保健法が創設されたの?
非常に良い質問です!!
1982年以前は、老人医療費はどうなっていましたか?
いっちー教授
いっちー教授
にゃー吉
にゃー吉
あ!老人医療費の無償化だ!
そうなんです。そこで、1982年に老人保健法を制定することで老人医療費の一部に自己負担を導入することにしたんです。
いっちー教授
いっちー教授
にゃー吉
にゃー吉
なるほど。老人医療費の一部に自己負担を導入して、さらに老人保健施設という施設が創設されたんだね。

 

5限目:後期高齢者医療制度とは何か?

最後に、後期高齢者医療制度についてわかりやすく解説していきます。

選択肢の「5」に注目してください。

 

5.健康保険法等の改正(2006年)による高齢者医療確保による75歳以上の高齢者が、別立ての制度に加入する後期高齢者医療制度が創設された。

 

この選択肢は、正解です

後期高齢者医療制度について定められているのは、「高齢者医療確保方法(2006年)」です。

これにより、75歳以上の高齢者が別立ての制度に加入する後期高齢者制度が創設されました。また、後期高齢者医療制度の運営主体は、「後期高齢者医療広域連合」と呼ばれる組織です。

 

後期高齢者医療広域連合とは

都道府県ごとに全市区町村が加入するものを指します。

 

にゃー吉
にゃー吉
後期高齢者広域連合は、都道府県ごとによって設置されているんだね!
なので、後期高齢者医療制度の運営主体は、
後期高齢者広域連合」と言うことができます。
いっちー教授
いっちー教授

 

6限目:後期高齢者医療制度が創設された理由

最後に、先ほど確認した後期高齢者医療制度が創設された歴史について理解を深めておきましょう。

まず前提として、日本国民は基本的に「国民健康保険」または「社会保険」のいずれかに加入します。そして、毎月の収入から保険料が引かれる仕組みになっていて、納められた保険料公費によって、私達は高水準の医療を受けることができます。

 

おさらいです。
国民全員が健康保険に加入する仕組みのことを何というでしたっけ?
いっちー教授
いっちー教授
にゃー吉
にゃー吉
国民皆保険制度です!
正解!!!
いっちー教授
いっちー教授

 

じつは、この国民皆保険制度ですが、日本にいると当たり前のように思える仕組みですが、世界から見るとそんなことはありません。

例えば、アメリカでは、以前は公的医療保険がありませんでした。あるとすれば、民間の保険会社による健康保険が一般的だったんです。

また、アメリカの民間の保険会社の保険料は高額なものが多いです。そのため、低所得者の多くは加入できない…という現状がありました。つまり、「医療は金持ちのもの」という考え方が強かったんです。

 

しかし、2010年にアメリカのオバマ大統領が国民全員に公的な医療保険への加入を義務づける「オバマケア」を実施しました。これにより、日本のように、個人の負担額を減らして医療サービスを受けられるようになりました。

とはいえ、アメリカでこの仕組みが導入されたのは2010年のことです。

 

日本では、1961年から現在に至るまで国民皆保険制度が整備されています。

これって、すごいことですよね?

ところが、そんな長く続いてきた国民皆保険制度の仕組みにも、問題点が浮上してきます。

その原因として一番大きいのが、少子高齢化です。高齢者に係る医療費が膨れ上がり、2013年には年間の医療費が約40円兆円になりました。また、そのうち約3割後期高齢者の医療費に支出されていたのです。

 

にゃー吉
にゃー吉
40兆円のうち、3分の1ということは「約13兆円」!!
すごい支出だね…。
また現役世代の多くは健康保険に加入していますが、会社を退職した後、後期高齢者の年齢に達するまでは国民健康保険に切り替わるケースがほとんどです。
いっちー教授
いっちー教授
にゃー吉
にゃー吉
後期高齢者医療制度は、75歳以上の高齢者が対象だもんね。
もし仮に、75歳以上になっても国民健康保険に所属していたらどうなるでしょうか?
いっちー教授
いっちー教授
にゃー吉
にゃー吉
国民健康保険側の支出額が、ますます大きくなってしまいます。
もし、そうなると健康保険国民健康保険支出のバランスが保てなくなります。そこで、健康保険と国民健康保険とは別の仕組みとして、2008年に後期高齢者医療制度が施行されることになったんです。
いっちー教授
いっちー教授
にゃー吉
にゃー吉
医療費の支出が多い後期高齢者に関しては、後期高齢者医療制度に移ることで、国民皆保険制度の仕組みを維持しようとしているんだね。
これが、後期高齢者医療制度が創設された背景にあります。
いっちー教授
いっちー教授

 

まとめ

最後に今回のテーマである「【わかりやすく解説】国民皆保険制度・後期高齢者医療制度とは?」のおさらいをしておきましょう。

1.健康保険法(1922年)により、農業従事者や自営業者が適用対象外であった。

2.国民健康保険法(1958年)により、1961年に国民皆保険が実現した。

3.1973年の福祉元年の年に、高額療養費制度が創設された。

4.老人保健法(1982年)により、老人保健施設が創設された。

5.健康保険法等の改正(2006年)による高齢者医療確保による75歳以上の高齢者が、別立ての制度に加入する後期高齢者医療制度が創設された。

 

にゃー吉
にゃー吉
国民皆保険がいつから始まったのか。また、国民皆保険がどういう仕組みなのかがよく分かった!
この国民皆保険の仕組みについては、社会福祉士国家試験でもよく出てきます。なので、再度しっかり復習をしておいてください。
いっちー教授
いっちー教授

 

福祉イノベーションズ大学では、社会福祉士国家試験の合格に向けて試験に出る箇所を中心に、情報発信をしています。

参考書や問題集を解いただけではわからない…。」という方は、今後も参考にしてください!

今回の授業は、以上です!



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました